庄川挽物木地

庄川挽物木地
16世紀の末、現在の石川県南部を中心とした地域を支配していた加賀藩が使用する材木を、庄川の流れを利用して送るという、流木事業が始められました。
流木は庄川町地内の貯木場にたくわえられ、北陸における一大集散地となりました。
その豊富な木材を求めて、19世紀の後半に職人が庄川町でろくろ木地を商売にしたのが、庄川挽物木地の始まりと伝えられています。現在では34社が事業を行い、生産高において全国有数の産地となっています。

概要

工芸品名 庄川挽物木地
よみがな しょうがわひきものきじ
工芸品の分類 工芸材料・用具
主な製品 茶盆、茶托(ちゃたく)、菓子器、椀、茶櫃(ちゃびつ)、茶筒、銘々皿、盛鉢
主要製造地域 高岡市、砺波市、南砺市
指定年月日 昭和53年7月14日

特徴

天然の木の魅力はそれぞれ持ち味が違うことにあります。年輪が様々な形で現われ、その表情は変化に富み、独特の深い色調は木目を引き立てます。木の温かみを大切にした製品作りを目指し技術を磨いています。

作り方

原木を製材した後、板積みにして、6ヶ月から1年ほど自然乾燥させます。荒挽き作業を行い、乾燥室で材木の水分が8%になるまで火力乾燥します。これを乾燥戻しして、ろくろで仕上げます。