土佐和紙

土佐和紙
平安時代に書かれた「延喜式(えんぎしき)」に献上品として土佐和紙の名が出ています。
そのことから、当時すでに和紙の産地が形成されていたと考えられます。その後も和紙作りは、恵まれた自然のもとに栄え、江戸時代には土佐七色紙(なないろがみ)が徳川幕府に献上されています。
明治時代中期には、全国一の生産規模となりました。全国の中でも和紙作りの進んだ県として、伝統が守り継がれています。

概要

工芸品名 土佐和紙
よみがな とさわし
工芸品の分類 和紙
主な製品 書道用紙、手工芸用紙、表具用紙、障子紙、絵画版画用紙、和紙加工品
主要製造地域 南国市、土佐市、吾川郡いの町、高岡郡津野町他
指定年月日 昭和51年12月15日

特徴

和紙の原料、和紙作りのための道具、和紙作り、すべてが地元で賄われています。土佐で採れる豊富で質の良い原料をふんだんに使うため、優れた品質です。また、一軒一軒が異なる紙を漉いているため、その品種の豊富さに特徴があります。

作り方

コウゾ、ミツマタ、ガンピ、麻、竹またはワラ等原料となる植物の皮から土や砂を取り除いて煮ます。煮たものの繊維ではない部分と残ったアルカリ分を水で洗い流し、漂白して、ちりを取り除き、打解して紙の材料となる繊維を取り出します。なお紙を漉(す)くときに、繊維を溶かした水に粘り気を与えるのにトロロアオイを使用します。また、紙漉きの技法には「流し漉き」と「溜(た)め漉き」があります。